PERSON

Mei Nishiumi
教育改革

教育分野のICT活用促進を密にサポート。
子どもたちの明るい未来に貢献するやりがい。

西海 芽依

関西支店 ビジネス営業部
法人営業部門
2017年入社
文学部 文学言語学科 卒

Raise
the
WEST

現在向き合っている課題

私学・私塾など教育分野のお客さまに対して、ICTでさまざまな課題を解決するための提案活動が私の仕事です。例えば、現在は「2018年問題」と呼ばれる18歳以下の人口減少が始まる激変期に当たり、これから大手学習塾が教室数を減らすことを余儀なくされたり、数多くの私立大学が閉学に追い込まれたりするといわれています。これまでは「教育効率を高めるためにICT化をいかに進めるか」が教育現場での優先課題となっていましたが、今後はお客さまにとって、熾烈になる学生獲得競争を勝ち抜くために「子どもたちにICTを活用してどのような教育を提供できるか」が重要になってくるわけです。そのような状況変化を確かな目で見据えて、お客さまの理想を形にしていくことが私に課せられたミッションだと思っています。

この仕事の醍醐味

今の仕事のモチベーションになっているのは、お客さまを通して子どもたちの生き生きとした姿を目にすることです。自分が提案したサービスが実際にお客さま先に導入され、子どもたちの学びが次第に充実してゆく様子を見ると大きな喜びを感じます。日本では現状、諸外国に比べて子どもの教育レベルが低い点が問題視されており、教育分野でのICT活用もかなりの遅れをとっています。このままでは子どもたちに不利なばかりで、社会全体にとっても明るい未来につながりません。こうした状況を変えるべくお客さまが抱える不安や悩みと向き合い、お客さまを通じて子どもたちの未来の可能性を広げていることに、いちばんのやりがいを感じています。

CAREER PLAN

将来のキャリアプラン

これまでの仕事経験で、学校がICTの利用を検討される際は、他の学校の事例を参考にされる場合が多いことがわかりました。私は今後、多くの学校の参考になるような先進的な案件に携わる経験を積んで、教育現場に広く影響を与える仕事を成し遂げたいと思っています。そして、ゆくゆくは教育分野の課題解決に精通した営業担当になり、日本の教育全体の底上げに貢献したいと考えています。

MESSAGE

学生へのメッセージ

私が就職活動で意識したのは、素直に自分を伝えることです。自分自身を偽らず、やりたいことを正直に伝えていけば、必ず自分に合った会社との縁ができます。そうしたことに集中した結果、私は現在NTTビジネスソリューションズでやりたい仕事ができています。皆さんも素直な気持ちで会社と向き合って、頑張ってください。

ONE DAY SCHEDULE

8:40/出社
本日の予定やTo Doを確認
9:00/朝礼
上司からの周知連絡、一日の活動スケジュールの報告
9:15/メールチェック
業務の優先順位を考えてTo Doを再整理
10:00/社内業務
案件の打合せ、事務処理など
13:00/訪問準備
訪問メンバーとの意識合わせ、資料の最終チェックなど
14:30/お客さま先訪問
週平均で2~3件のお客さまを訪問
16:30/帰社・翌日の訪問準備
翌日の提案資料の確認、営業ツールの準備、案件メンバーや上司への相談など
17:30/退社

OFF TIME

休日は2匹の猫とのんびり過ごしたり、家族や友人と出かけたりしてリフレッシュしています。自宅の近くにスポーツジムがあるので、運動したくなると足を運んでいます。

社員紹介一覧へ戻る

その他の社員を見る

働き方改革
01
産業ICT
02
民需ICT
03
教育改革
04

※各社員の所属部署や掲載内容は取材当時のものです。