西日本の隅々にまで光通信網を張りめぐらせ、
世の中に新しい“当たり前”をつくってゆく。

システムエンジニア

Tamakoshi Yuya

NTT西日本
ビジネス営業本部 クラウドソリューション部
2014年入社
※掲載内容は取材当時のものです

KEYWORD

  • 震災をきっかけに通信の重要性を実感。
  • 離島や山間部にもつながる当たり前を届ける。
  • 100自治体への光基盤整備プロジェクトを牽引。

PERSON 05
TAMAKOSHI
YUYA

大災害をきっかけに知った
「つながる大切さ」

私が通信に興味を持ったきっかけは、学生だった頃に発生した東日本大震災でした。当時私は九州の実家暮らしで、父親が関東に単身赴任中。すぐに電話をかけるもなかなかつながらず、非常に父の安否が気になり落ち着かない時を過ごしました。どうにか連絡がついて父の無事を確認でき安堵した瞬間、それまでつながって当たり前だと認識していた通信の重要性を痛感したのです。その後就職活動を迎え、自分が力を注ぐべき仕事は通信分野だと考えるようになりました。数ある通信キャリアの中でもNTT西日本を選んだのは、つながる安心・安全を実現する技術力と開発力があること、またどんな状況でもつなげることを大切にする社風を感じたからです。就活時にお会いした大学OBの先輩社員の親身な対応にも大いに惹かれました。

SE経験を経て、西日本全域の
光基盤を整備する仕事に従事

入社後はNTTビジネスソリューションズに出向となり、文教案件担当のシステムエンジニアとして活動し始めました。主に大学のお客さまの構内ネットワークやセキュリティ構築などを手掛けながら約2年間SEとしての職能を磨き、業務の進捗やスケジュールの管理ほか基本的な仕事スキルも身に付けました。そして入社3年目にクラウドソリューション部で西日本全域の光基盤整備を進める事務局に異動。着任してまず驚いたのが、離島や山間部など光ケーブルの未整備エリアがいまだ多く残っていたことです。コロナ禍で昨今不可欠になっているテレワーク、国策として取り組むGIGAスクール構想や遠隔医療などを実現するには、各自治体と連携してこうした条件不利エリアをなくしていかねばなりません。以来私は今日まで約5年にわたり、全国同一の高度で便利なICT環境をつくり上げることを使命に、未整備エリアを有する自治体さまへ光基盤整備を多角度から提案、推進してゆく日々を送っています。

国策による補助金活用で
自治体への光基盤整備が一気に加速

昨年来のコロナ禍状況で通信の重要度が一層高まっている中、国(総務省)は2020年度予算で自治体に対する数百億円規模の光基盤整備の補助金支給を決定しました。当事務局は早速、この補助金を活用した各自治体さまへの提案プロジェクトを発足。私は提案対象や提案方針の決定から見積りの算出、NTT西日本グループ内における整備体制構築までを中心的に担う、プロジェクトのけん引役を務めることになりました。国策に則した条件および自治体さまごとの要望の整理、自社内のオペレーション調整などに相当な苦労を要しましたが、結果は約5か月間で100件近くの受注獲得に成功。これで光未整備エリアに住む人々の未来を拓くことができる、また飛躍的に大きな地域貢献ができると、通信の“当たり前”をつくりたい自分の思いが一挙に花開いたように感じられ、これまでの仕事の中でもひと際の達成感を得ることができました。今後もこの貴重な経験を活かし、NTT西日本グループが持つ膨大な強みも利用しながら、さらに多くの人々の暮らしを豊かにできる“当たり前”をつくっていきたいと考えています。

未来をじっくり考えて、次の“当たり前”を一緒に

就職活動は今までの自分の人生を振り返ることができる、貴重な経験だと思います。会社訪問の際には自分の長所と会社の長所を掛け合わせて「その会社に入ったら何をしたいか」、「自分と会社をどのような未来にできるか」をぜひ想像してみてください。そしてもしNTT西日本に興味を覚えたなら、世の中の“当たり前”をつくり上げてゆくダイナミズムに思いをめぐらせてください。NTT西日本は他の通信キャリアと違い、営利や採算性を超えて地域の隅々にまで“当たり前”をつくろうとしている会社です。環境変化の激しい今日の社会の中で、新しい“当たり前”に向かってともにこの使命に打ち込んでいける仲間を心から待ち望んでいます。

ONE DAY SCHEDULE

8:00
フレックス制度、在宅勤務制度を活用し、1時間早く勤務開始。メールチェックとタスクの整理
9:00
担当内ミーティングにて各案件の課題、進捗の確認。課題解消に向けた議論をすることも。
10:00
支店の営業担当者からA自治体の要望、スケジュールをヒアリング。見積り提示に向け、タスクを意識合わせ。
12:00
家族でランチ。ランチの後は2歳の子どもと少し遊んでリフレッシュ。
13:00
夕方の打ち合わせに向けて資料の最終チェック、関連部への確認事項整理。
15:00
関連部との打ち合わせ。提案状況や提案上の課題を共有し、課題解消に向けた議論、役割分担を実施。お客様要望に沿う見積り提示に向けたスケジュールの意識合わせ。
16:30
勤務終了。終業後は家族とリフレッシュ。(水、金は基本的にノー残業デー)