WORK

光コラボレーション受付センタ構築で
発揮されるリーダーシップ

荻野 晃由
NTTマーケティングアクト大阪本社
光サービス事業推進部
光サービス統括部門
光サービス推進担当
2011年入社
法学部 法律学科卒

新たなビジネスモデルを担うセンタの立上げ、これまでに業務経験を活かして

私が現在の光サービス推進担当になったのは、NTT西日本が提供しているフレッツ光などを様々なサービス提供事業者さまに卸提供する「光コラボレーションモデル」という新たなサービスの提供が始まろうとしている時期でした。私はこの「光コラボレーションモデル」において、光コラボレーション事業者さまの取次情報をもとにNTT西日本の開通工事を行うためのオーダー作成業務を実施するために新たに設置された「光コラボレーション受付センタ」の運営マネジメント業務に従事することになったのです。

センタ立上げ当初は、新たな業務ということもあり、デマンドの急増や業務ルール、体制面の一部未整備、さらにはセンタ業務従事者の不慣れなどが重なり、オーダー作成業務において円滑なセンタ運営に至っていない状況でした。私はこの「光コラボレーションモデル」の中核を担う当センタを是が非でも軌道に乗せるべく決意を新たにしました。

そこでまず、以前の所属先であるフレッツ光のコンサルティングセンタでの経験を活かし、光コラボレーションモデルの受付に関わる事務処理整備に向け、センタへの常駐支援時に多岐に亘る課題の洗い出しを行い、NTT西日本の関連部門との協議を重ね、事務処理フローを策定。その事務処理フローをセンタ一人ひとりに対して丁寧に落とし込みを行うなど地道な作業を繰り返すことで、約2ヶ月間でセンタを軌道に乗せることが出来ました。

その後、光コラボレーション受付センタはデマンドの増加に伴い、第二、第三のセンタを立ち上げていくことになるのですが、最初のセンタ立ち上げ時のノウハウを活かして、事務処理フローの構築、センタのグループをまとめるリーダー人材の育成に奔走し、出来ることは自ら何でもやるという気概を持つことで、各センタもまた軌道に乗せることが出来たのです。課題を一つひとつ解決し、円滑な運営が出来るようになっていく過程を見ることで、心から安堵を覚えます。そして、これからも光コラボレーションモデルを新たに申し込まれるお客さまや光コラボレーション事業者さまの期待に迅速に応えていきたいとの思いを強く抱いています。

貴重な経験を蓄積し、将来は、
グループを牽引する存在に

光コラボレーションモデルは、今後、NTT西日本グループの主軸となっていく事業であり、そのセンタの立ち上げに携わったという経験から、大きな仕事をやり遂げた充実感を感じますね。現在は、新たに光コラボレーション事業者になる企業さまが続々と増加しており、「こんな改善をして欲しい」という要望が次々と寄せられています。そこで、光コラボレーション受付センタの運営主管として、NTT西日本グループを代表する形で光コラボレーション事業者さまとの協議にも積極的に参加し、スムーズに光コラボを導入できるよう力を尽くしていきたいと考えています。

今後も光コラボレーションモデルに深く関わることで、これまで培った経験をNTT西日本グループ全体のノウハウとして展開していきたいですね。そして、NTT西日本グループ全体を牽引していく中核的な人材になれるよう、今後もチャレンジしていきたいです。

学生へのメッセージ

NTTマーケティングアクトは若い人材が動かしていく会社

NTTマーケティングアクトは、企業理念である「人こそ、かけがえのない財産」の通り、とにかく社員を大切にする会社です。また、成長途中の会社でもあるので自分なりに課題を見つけて、こんな挑戦をしてみたいという意思を尊重してくれる会社だと思います。若くても、自分の考えがしっかりできていれば、さまざまな業務の中心となって活躍できるチャンスあふれる会社だと私は感じています。