TOPICS
若手社員座談会

若手社員が語る
NTTマーケティングアクトの魅力

「NTTマーケティングアクトの社内の雰囲気は?」「若手社員は、職場にどんな印象を持っているんだろう?」。そんな疑問に応えるために、4名の若手社員に社内の雰囲気や職場の人間関係などについて語り合ってもらった。

PROFILE
吉岡 知哉

NTTマーケティングアクト
関西支店
CRM推進部
2015年入社
経済学部 経済学科卒
「NTT西日本グループとして通信のインフラ整備を通じて社会貢献をしていることと、生まれ育った関西に恩返しができると思い、この会社を志望しました」。
荻野 有紗

NTTマーケティングアクト
関西支店
大阪営業部
2015年入社
外国語学部 英米学科卒
「企業理念『人こそ、かけがえのない財産』に共感。採用担当者の振る舞いに、理念が浸透していると感じ、この会社で働きたいと思いました」。
下村 栄

NTTマーケティングアクト
関西支店
CRM推進部
2015年入社
社会学部 社会システムデザイン専攻卒
「お客さまに近い場所で働けることに魅力を感じました。内定の連絡を受けたとき『下村君と働きたい』と言われたことが今も心に残っています」。
竹塚 芙美

NTTマーケティングアクト
関西支店
CRM推進部
2015年入社
外国語学部 外国語学科卒
「携帯電話を持ったときから友達の輪が一気に広がり、通信に関わる仕事がしたいと思っていました」。

社内の雰囲気は?どんな先輩社員がいるの?
若手社員が見たNTTマーケティングアクトの真実。

下村
私は入社前、会社に対して堅いイメージを持っていたのですが、実際は予想に反して柔軟な会社だなと思います。しかも、個性的で頼りになって、目標にしたい先輩がたくさんいる。すごく面白い会社だと思うのですが、皆さんはどうですか?
吉岡
確かにそうですね。インフラなので外から見ると堅いイメージがあるかもしれませんが、社内はフランクで、何でも相談できる雰囲気がありますよね。
荻野
私は後輩思いの先輩が本当に多いと思います。お客さまによってニーズが異なるので提案内容についてよく相談に乗ってもらうのですが、先輩方も多忙な中、親身になってきめ細やかに指導してくださるので本当にありがたいなと感じます。
竹塚
私も先輩社員の面倒見の良さに助けられることが多いと感じます。入社後すぐに業務についての報告会があったのですが、コメンテーターからするどい指摘を頂き落ち込んでいたら、先輩社員が「この部分は良くできていたよ」とフォローしてくださって、次の対策も一緒に考えてくれました。そもそも、コメンテーターのするどい指摘に落ち込んだのは、プレゼン内容の中で指摘されて不充分な点に気づいたからなのですが。
吉岡荻野
わかる、わかる(笑)。
下村
報告会でプレゼンする内容を整理することについては、私も苦労しました。入社3か月目で、何をどうすればいいのかも分からず先輩に相談したら、単に答えを教えるのではなくて自分で導き出せるようにアドバイスをしてくださったんです。しかも、以降ずっと気に掛けてくださり、作成したレポートに関しても添削までして頂きました。その先輩の振る舞いを見て、私もこんな風になりたいと思いました。
竹塚
目標にしたい人と一緒に働けるって、幸せですよね。私も、部署の垣根を越えて、新入社員のことを気に掛けてくださる方が多いなと感じます。
吉岡
通信で人と人をつなぐ会社に相応しい雰囲気があると言えますね。社内の人同士もしっかりつながっているというか。それがこの会社の魅力だと思います。
荻野
風通しの良さも魅力ですよ。「新入社員の意見を聴かせて欲しい」とディスカッションの場を設けて、先輩や上司が真剣に聴いてくださるのを見て、良い会社だなと実感しています。
竹塚
私もそう思います。コンタクトセンタの販路開拓というテーマでレポートを作成してプレゼンテーションする研修で、私が東京のある企業を取り上げたところ、すぐに首都圏営業部が動いたということがありました。柔軟な会社だなとビックリしました。
下村
そのテーマでプレゼンテーションをしたというのは聞いていましたが、すぐに首都圏営業部が動いたのは知りませんでした。そういうのを聞くと、一日も早く、新しい取り組みの先陣を切って動きたいと思いますよね。吉岡さんは、どうですか?
吉岡
そうですね。私は、周りの人に良い影響を与えることができる存在になりたいですね。今は、個人のスキルを上げるのに精一杯ですが、将来は自ら事業を動かし、NTTマーケティングアクトを牽引していけるようになりたいです。
荻野
私は、営業のプロになりたいです。お客さまの満足度を高めるコンサルティング力を高めて、自ら培ったノウハウをマーケットへ広く展開していきたいです。
竹塚
私も吉岡さんと同じで、今は個人のスキルを上げるのに精一杯ですがNTTマーケティングアクトの対応力を高めるために、将来は人材育成に関する業務に就きたいと思っています。
下村
夢は限りなく!ですよね。これからも頑張りましょう。